単身赴任生活 お役立ち人気コラム

単身赴任中の食生活と生活習慣病

単身赴任が決まったときに、気になるものの一つに食事があるのではないでしょうか?


自宅からの通勤なら、食事はしっかりと奥様が管理できます。
しかし、単身赴任中はそうはいきません。

男性の中にも、料理が得意な人というのはいます。
仕事をしながらでも、上手に家事をこなせる旦那様もいるでしょう。
でも、大半の男性は料理が苦手です。


 一人暮らしになると食生活が乱れることが多いものです。
簡単なものですませたり、いつも自分の好きなものばかり食べたりと、栄養バランスの偏った食事になってしまうのではないでしょうか。

食生活は、生活習慣病と大きな関係があります。
生活習慣病というのは、「高血圧」「糖尿病」「肥満」「循環器病」などです。
この他にも、生活習慣病と呼ばれているものはたくさんあります。
この生活習慣病は、食生活と大きな関係があるのです。


バランスの悪い食事を続けていると、生活習慣病になってしまう可能性があります。

とは言え、単身赴任中の食事を奥様が作るわけにはいきません。
これはもう、本人に食事に気をつけてもらうしかないでしょう。


 単身赴任前に「夫に食生活の大切さを教える」というのも、妻の重要な仕事になるかもしれませんね。
そして、単身赴任中の住居を食事付きのものにするということも考えられます。