単身赴任生活 お役立ち人気コラム

意外に知らない洋食の歴史

西洋料理や西洋風の料理のことを洋食と言います。
洋食は、幕末から明治にかけての西洋料理店がルーツになります。
         

当時、日本にやってきた西洋人を相手に西洋料理を出す店があり、日本人のコックがこのような西洋料理店で下働きをしたのち独立開業して、日本に西洋料理を広めていきました。

         

日本海軍の存在も、洋食を広めるきっかけになりました。
イギリス海軍を手本にしていた日本海軍は、食事に西洋式をいち早く取り入れていたため、日本に西洋料理を広める役割を果たしました。

         

洋食が広まっていくにつれ、日本人好みの味になるようにアレンジもされていきました。
アレンジの結果、洋食と言うよりは和食と言った方が良いような料理もたくさん生まれました。
とんかつはアレンジの結果、和食化したものの代表でしょう。
和食化とまではいかなくても、エビフライやオムライス、ドリアなどは、日本人の味覚に合うようにアレンジされています。

         

昔は食事と言えば和食でしたが、最近は洋食がメインの家庭が多くなっています。
単身赴任先でも、洋食を食べたいという方もいるのではないでしょうか。
単身赴任用マンションの食事サービスでは、洋食を食べることもできます。
食事を作ることが苦手な方にとって、食事サービスは便利なサービスでしょう。