単身赴任生活 お役立ち人気コラム

エアコンの温度

クールビズ、ウォームビズという言葉も一般的になってきています。
地球温暖化防止のために、政府ではオフィスの室温を夏は28度、冬は20度にしようという運動を行っています。
この運動は広く受け入れられ、商業施設でも室温をクールビズ、ウォームビズに合わせたものにしている施設が増えています。

家庭でも、省エネとして夏の室温を28度、冬の室温を20度にしている家が多いのではないでしょうか。
「少し暑い」「少し寒い」と感じる温度ですが、エアコンの設定温度を夏は28度、冬は20度にすることで、地球温暖化防止のために協力することができます。

特に夏はエアコンによる冷房病が心配な季節ですが、エアコンの設定温度を28度にすることで冷房病になりにくくなります。
これは、室内と室外の温度差が7度以上になると、冷房病になりやすくなるからです。

エアコンがはじめから設置されている部屋が増えていますが、エアコンを使っていると、ついつい必要以上に部屋を冷やしたり、温めたりしがちです。
健康のためにも、旦那様のエアコンの使いすぎについて、奥様から一言アドバイスをすると良いかもしれませんね。
男性は女性よりも室内の温度が低めの方が快適と感じるようですから、エアコンの温度の下げすぎには特に気をつけたいものです。

 

 

 

 

 「単身赴任生活」の快適部屋探し!(大阪)