単身赴任生活 お役立ち人気コラム

和食の特徴

和食、日本食と呼ばれている日本料理は、日本独特の料理方法で、日本でなじみの深い食材を調理したものになります。
日本の風土の中で発達した独特の料理のことです。

狭義では、日本人がずっと食べ続けてきた料理でも、日本独特の料理ではない場合には、和食とは呼びません。
しかし、一般的には、日本で発達した調理方法で調理された料理のことを和食と呼んでいます。

和食の食材は、主に穀類や野菜、豆類、魚介類、鳥類などで、乳製品が使われることはあまりありません。
海産物と豆類を上手く利用して調理することが、和食の特徴になっています。
食材の新鮮さを重要視し、味付けは素材の味を活かすことが大切にされています。

和食は健康的な食事だと言われることも多く、健康を意識している家庭で登場することが多い料理でしょう。
ですが、健康的だと言われている和食にも弱点はあります。
それは、塩分の摂りすぎです。
和食は高塩分になることが多く、塩分の摂りすぎになりがちです。
塩やしょうゆをかけることが多い方は、とくに注意しなければいけないでしょう。

和食を食べることにはたくさんのメリットがありますから、塩分の摂りすぎに気をつけて、上手に和食を食べて欲しいと思います。
塩分の摂りすぎには、単身赴任中の旦那様にも注意してもらいましょう。