単身赴任生活 お役立ち人気コラム

お酒の飲み過ぎと病気の関係

お酒を飲む習慣がある方に気をつけて欲しいのは、脂肪肝です。

 脂肪肝はお酒と深い関係があります。

 脂肪肝になってしまうと、生活習慣病になる確率が高くなってしまいます。

 


まず、脂肪肝がどのようなものかお話します。

 脂肪肝を簡単に説明すると、フォアグラのようなものです。

フォアグラというのは、人工的にガチョウの肝臓を脂肪肝にしたものです。

 飲み過ぎたり、食べ過ぎることで、肝臓に通常よりも脂肪が溜まってしまうと脂肪肝になってしまいます。

 脂肪肝は誰でもなる可能性のあるものですが、男性の方が脂肪肝になってしまう確率が高いよう 脂肪肝になってしまうと、動脈硬化や高血圧、痛風などの生活習慣病と呼ばれる病気になりやすくなってしまいます。

 問題は、脂肪肝には自覚症状がないことです。

そのため、検診を受ける必要があります。

 


 旦那様が日頃からお酒を飲むことが多いようでしたら、脂肪肝に気をつけて欲しいと思います。

 単身赴任中に、旦那様が病気になってしまったら大変です。

お酒を飲むことで楽しい気分になったり、ストレス解消になります。

でも、飲み過ぎてしまうと、病気の原因になってしまいます。

 健康のためにも、旦那様には飲み過ぎに注意してもらってください。