単身赴任生活 お役立ち人気コラム

体の疲れは目からわかる!

男性の一人暮らしは、食生活が乱れがちです。

とくに単身赴任中の男性は、仕事が忙しく、食事にまで気を回せないということが多いのではないでしょうか。

 朝食を抜いたり、外食ばかりだったり、お酒を飲むことが多かったりすると、体は疲れてしまいます。

そして、その疲れは目に現れます。

 


いつもと違って少し調子が悪い……。

 


こんなときは、目を見てみましょう。

 「視界が悪い」「白目が濁っている」「新聞などの文字を読むことが辛い」「目が疲れる」ということはありませんか?

 


もし、当てはまることがあるようなら、肝臓が疲れていることが考えられます。

 肝臓の働きの低下と目の働きは、関係があるのです。

 肝臓の働きが低下してしまうと、血液の質が悪くなってしまいます。

 目は酸素や栄養を運んでくれる血液が必要なのですが、この血液の質が悪くなることで目に影響が出てくるとされています。

 


 目に疲れが出ているときは、朝食をしっかりとり、食事に気をつけなければいけません。

アルコールも、体の調子が良くなるまで待ちましょう。

そして、目の調子や体の調子が悪いときには、我慢をせずに病院へ行くことが大切です。

 目の疲れ対策をしてみても調子が良くならない場合には、病院へ行ってみましょう。