単身赴任生活 お役立ち人気コラム

懐かしの屋上遊園地

マンションから行ける範囲にデパートがあると、生活が楽しくなります。

家族へのプレゼントを買いに行ったり、仕事に必要なものを買いにいったりと、ちょっとした瞬間に便利さを感じることができるでしょう。


 

マンションに閉じこもりがちな単身赴任中の休日に、うるおいを与えるものではないかと思います。


そんなデパートの屋上にあるものが屋上遊園地です。
 現在、屋上遊園地のあるデパートの数は減りましたが、昭和30年代~昭和40年代の屋上遊園地絶頂期にはたくさんのデパートに屋上遊園地がありました。

 屋上遊園地のはじまりは、1903年に現在の東急百貨店日本橋店である日本橋白木屋呉服店が設置した遊戯室です。


 

この遊戯室からはじまり、日本橋三越の空中庭園、松屋神田店の屋上遊覧所と続き、屋上遊園地は発展していきます。


1923年には、ライオンや豹がいる動物園を松坂屋銀座店が屋上にオープンしました。


1950年代~1960年代に絶頂期を迎えた後は、テーマパークやゲームセンターの登場により、屋上遊園地は力を失っていきました。

 

子供の娯楽が少なかった時代には、屋上遊園地は子供にとって天国のような場所でした。


子供の頃に、屋上遊園地で遊んだ記憶のある方もいるのではないでしょうか。