単身赴任生活 お役立ち人気コラム

日本の紅茶

世界で一番紅茶をたくさん飲む国は、どこか知っていますか?

ほとんどの人の予想通り、世界で一番紅茶を飲む国はイギリスです。

イギリスでは、朝食や昼食、夕食時以外でも紅茶を飲みます。

 

紅茶の産地として有名な場所は、やはりインドでしょう。

ダージリンやアッサムなど、有名な紅茶の産地があります。

ダージリンやアッサムは紅茶の葉の種類として有名ですが、実はインドの地名です。

インド以外には、スリランカや中国が紅茶の産地として有名でしょう。

 

紅茶はこのように、海外でしか作られていないイメージがありますが、日本でも紅茶を作っています。

静岡県の「丸子紅茶」、三重県の「伊勢紅茶」、長野県の「うまいんだに」、佐賀県の「嬉野紅茶」など、さまざまなブランドがあります。

紅茶用品種としては、「べにほまれ」「べにひかり」などがあります。

花粉症に効果があると話題になった「べにふうき」も紅茶にされています。

 

日本では紅茶よりも緑茶が飲まれることが多く、緑茶の産地がたくさんあります。

しかし、緑茶ほどではありませんが紅茶も作っているのです。

 

余裕のある朝は、ラウンジで美味しい紅茶を一杯飲んでから出勤というのも悪くないでしょう。

単身赴任中の生活が、少しだけ優雅なものになったような気分を味わえます。