単身赴任生活 お役立ち人気コラム

エレベーターの歴史

高層ビルで簡単に上層へ行くことができるのは、エレベーターがあるおかげでしょう。


エレベーターがなければ、高層ビルの上階まで上がるまでにかなりの時間がかかるはずです。


さて、このように便利なエレベーターが、いつ頃から利用されていたと思いますか?

 

 

ほとんどの方は、それほど歴史のないものだと考えているのではないでしょうか。


最近になって発明されたものと考えている方が多そうです。


しかし、エレベーターの歴史は古く、紀元前から存在しています。


数学者として有名なアルキメデスは、ロープと滑車で操作をするエレベーターを開発していたと言われています。

 

 

滑車を利用したエレベーターは、中世のヨーロッパでも使われていました。


17世紀になると、カウンターウェイトと呼ばれる釣り合い錘を使ったエレベーターが発明されます。


その後、水圧を利用したものや、蒸気機関を動力にしたものなど、さまざまなエレベーターが開発されます。

 

 

しかし、水力や水蒸機関を利用したものには弱点がありました。


それは、速度の遅さと安全性です。


現在のような電動機式のエレベーターが開発されるのは、1889年のことになります。


電動式のエレベーターの登場で、ビルの高層化が進むことになりました。