単身赴任生活 お役立ち人気コラム

タバコとビタミンの関係

タバコとビタミンの関係

 

三食しっかり食事を摂ることは、健康のためにも大切なことです。


ですが、タバコを吸う方は、三食の食事の際に気をつけて欲しいことがあります。


それは、ビタミンCの摂取です。

 

 

喫煙することにより、ビタミンCは失われます。


日本の栄養所要量でも、喫煙者はビタミンCが失われることから、ビタミンCを多めにとるようにされています。


喫煙によって失われるビタミンCの働きですが、ビタミンCは免疫力を強化するビタミンです。


免疫機能を持っている白血球の働きを助けるだけでなく、ビタミンCも病原体と戦ってくれます。


ですから、ビタミンCは風邪などの予防や回復に効果的です。

 

 

タバコを吸う方は、喫煙によって失われるビタミンCを、三食の食事で積極的に摂取していく必要があります。


しかし、ビタミンCは水溶性ビタミンなので、体に蓄積されません。


毎日摂取していくことが大切です。


ビタミンCが不足すると、歯周病、貧血、免疫低下、関節の痛みなどが現れることがあります。

 

 

仕事中にタバコを吸うというビジネスマンの方も多いと思います。


単身赴任中は、病気予防や健康のために、三食の食事でビタミンCを補うようにしましょう。


栄養バランスを考えた食事は、健康を保つために必要なものです。