単身赴任生活 お役立ち人気コラム

夕食とメタボリックシンドロームの関係

誰でも一度は、メタボリックシンドロームという言葉を聞いたことがあると思います。


でも、ほとんどの人はメタボリックシンドロームを、おなかの周りの内臓に脂肪が付いて、内臓脂肪型肥満という状態になっていることだと考えているのではないでしょうか。


でも、これだけではメタボリックシンドロームとは呼びません。


メタボリックシンドロームは、高血圧、高血糖、脂質異常のどれか2つ以上になっている内臓脂肪型肥満の人のことを言います。


メタボリックシンドロームになってしまうと、心臓病や脳卒中などになる危険性が高くなりますから、普段の生活の中で、メタボリックシンドロームにならないように心がけることが大切です。


予防策として食事に注意することがポイントの一つになるのですが、単身赴任中の旦那様の場合、食事に気をつけることは難しいのではないかと思います。



たとえば、夕食が遅くなったときは、食事の量を少し控えめにすることがメタボ予防になります。


油っこいものを控えることも効果的です。


しかし、食事の量を考えたり、油っこいものを控えたりすることは、なかなか大変なことです。



旦那様の健康が気になる場合、栄養やカロリーが考えられた夕食サービス付きのマンションを選んでみても良いかと思います。

 料理が苦手な旦那様にとっても、夕食サービスは嬉しいサービスでしょう。