単身赴任にまつわる 体験談

孫が喜んでくれるマンションに引越し!

おそらく今回最後の単身赴任です。

 

その赴任先は大阪。

 

最後の単身赴任生活に選んだ住まいは、ちょっとゆったりとした広さの部屋がある物件にと思い会社からの負担してもらえる予算の範囲内で引っ越したマンションはJR東海道本線が見える建物でした。

 

どうしてこのマンションに決めたかというと、60歳を過ぎた私には2歳になる孫がいます。

 

孫が親子で赴任先の住まいに年に何回か観光を兼ねて遊びに来ることもあるだろうと思い電車が好きな孫が喜ぶと思いここに決めました。

 

今回は単身赴任生活もそう長くないかと思ったのでゆったりと過ごせるところがいいと思って不動産会社の方に幾つか建物を見学に連れて行ってもらいました。

 

どれもいい物件でしたので悩みましたが部屋を見ていると電車が走っているのが見えたので「オッと孫が喜ぶ!」って思ってもうここで決定!

 

春から暮らし始めてスグにゴールデンウィークがあったので最初の2日間は孫を連れて家族3人が一緒に大阪観光に呼びその後、一緒に自宅に帰ったのです。

 

孫の反応ですが、もちろん嬉しそうにはしゃいでいました。

 

もうそれだけで単身赴任生活が楽しくなりましたね。

私の単身赴任生活についての体験は珍しい体験でしょうね。


 


 

 
 
 
 
 
 
単身赴任の先輩方からアドバイスや体験談などをお寄せ下さい。